実録! 財産放棄を自分でやる!手順書02「自分の戸籍謄本を手に入れる」

大人の勉強

財産放棄のために準備する書類の中に「申述人の戸籍謄本」のいうものがある。
申述人って言う名前がもう難しいよね。
申述人っていうのは、「申し立てを行う人」のこと。

今回、「遺産を放棄したい。」って申し出るのは「ゆきほたる」なので、「申述人」は「ゆきほたる」となる。つまり、自分の戸籍謄本の手に入れればいいわけだ。

スポンサーリンク

戸籍抄本ではだめ?

相続放棄の書類の提出先は、亡くなった人の最後の居住地を管轄する家庭裁判所となる。

でもね、子供や夫の余計な情報を渡したくなくて「戸籍抄本」では駄目か聞いてみた。

「戸籍謄本でお願いしています。」とやんわり断られてしまったよ。

まぁ、そうだよね。

スポンサーリンク

戸籍謄本を取り寄せるときはレターパックを利用しよう。

「ゆきほたる」は結婚しているので、実家の戸籍から抜けて夫の戸籍に入っている。
本籍地は遠方になるので、郵送で戸籍を取得することにする。

戸籍謄本は重要書類。
普通郵便でもいいのだけれど、書留を進めている役所もある。
ゆきほたるは、「レターパック」をおすすめする。

別件で行政書士さんから連絡が来た時も、レターパックで送られてきた。
また、弁護士さんも、レターパックをよく使うとのことだった。

スポンサーリンク

本籍のある市町村のホームページで確認をする。

自分の本籍のある市町村は、前回手に入れた住民票(本籍記載)に書いてあるので、HPで必要な情報を確認しよう。

戸籍等郵便請求申請書を手に入れる。

戸籍を郵送で請求する申請書をダウンロードする。

もし、印刷が変になってしまったら、ブラウザーを変えてみよう。
大体、マイクロソフトのedge(エッジ)でダウンロードするとうまくいくだろう。

書式が無くて便箋に必要事項を書いて送れというところもある。
そういう時は、漏れがないように他の自治体の申請書を使った方が良い。

手数料・支払い方法を確認する。

戸籍謄本等の交付手数料は、昔は全国で統一されていたが現在は手数料は各自治体に任せられている。しかし、手数料を変更する自治体が少ないので、現在は今のところ大体全国一律になっている。
戸籍謄本は、大体のところが1通450円程度。

現金で支払い可能な役所もあるけれど、現金書留の費用(郵便料金+435円)が必要になる。

ゆきほたるの役所では、定額小為替のみの対応だった。
ちなみに定額小為替は、返金が必要な場合に使いまわしができるように無記名で同封する。

定額小為替は郵便局で買うことが出来る。

申請先を確認する。

役所で戸籍謄本や住民等の書類を発行せず、交付センターで発行する役所もあるので、申請書の申請先を確認しよう。

スポンサーリンク

本人確認書類の写しを準備する。

本人確認書類は、運転免許書、マイナンバーカード、身体障碍者手帳等。

コピーをしておく。

スポンサーリンク

郵便局で発送の準備を整える。

郵便局で買うもの。

  1. レターパック 2枚 往復用 370円 × 2
  2. 定額小為替 450円

郵便局の郵便窓口でレターパックを買う。

郵便窓口で、レターパックを2つ買う。

1つは、届け先に自分の住民登録のある現住所を書いて、 「ご依頼主様保管用シール 」を外して2つに折っておく。

郵便局の貯金窓口で定額小為替を購入する。

窓口で定額小為替を購入したいと伝えれば申込用紙を渡してくれる。

写真ac

手数料の額面通りの金額を購入する事。
定額小為替を1枚購入するたびに100円手数料がかかる。
定額小為替には無記名のまま同封する。

役所によってオーバーした手数料に関して対応が分かれる。
お釣りが出ないところ、切手や定額小為替でお釣りを出してくれるところなど様々だ。

また、定額小為替証書の有効期間は発行日から6か月。
有効期限が1か月ぐらいあった状態で役所に送る方がよい。
換金するのに余裕が必要だからだ。

送付先をレターパックに記入する。

HPで確認した役所や発行センターの住所を「お届け先」に書く。
自分の住所を「ご依頼主」に書く。

スポンサーリンク

同封するものを確認する。

  1. 戸籍等郵便請求申請書
  2. 手数料(大抵は定額小為替)
  3. 返信用のあて先(現住所のみ有効)を記入したレターパック。
  4. 本人確認書類の写し(個人番号カード(マイナンバーカード)、運転免許証、健康保険証等)

ちなみに、本人申請なので、委任状等はいらない。

スポンサーリンク

投函する。

レターパックなら翌日の午後には相手側に着くので郵送の時間が短縮される。
役所での作業が混んでいる場合もあるので、1週間ほど余裕が必要。

スポンサーリンク

役所から電話がかかってきたら必ず出る。

書類の不備等があるかもしれないので、役所から連絡があったら必ず出ること。
後は戸籍が送られてくるまで待っていればよい。

スポンサーリンク

今までかかった費用

項目単価個数合計
住民票取得300~5001450
レターパック2部3702740
自分の戸籍取得手数料4501450
定額小為替購入手数料1001100
合計1740

コメント

タイトルとURLをコピーしました